日语
双语
汉语

对欺凌坐视不管的教师处分案 消失了   遗属反对修改对策法案

いじめ放置の教員処分案、消える 対策法改正に遺族反発
对欺凌坐视不管的教师处分案 消失了   遗属反对修改对策法案
392字
2019-06-12 17:53
84阅读
对欺凌坐视不管的教师处分案 消失了   遗属反对修改对策法案

  「一体どちらを向いて法律を作っているのか。座長試案を見直してください」。いじめによる自殺で一人娘を亡くし、いじめ問題に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」理事の小森美登里さんは22日、文科省内で会見して訴えた。隣には、他の遺族ら5人が並んだ。

   “究竟是面向哪方制定的法律?请重新商讨主席的试行方案。”独生女因欺凌而自杀去世、致力于解决欺凌问题的NPO法人“温柔的心项目”理事小森美登里于22日在文科部内召开了记者招待会并控拆道。在他身旁还站着其他五名遗属。

 19日にも、いじめ自殺の遺族ら43組の連名で、座長試案に反対する意見書が馳氏へ手渡された。2011年に中学生の子をいじめ自殺で亡くした父親は「学校のガバナンスができていなかったから、いじめ死が起きたと私たちは考えています」と語った。

   19日,因欺凌而自杀的学生的遗属们共43组联名,将反对主席试行方案的意见书递交给了驰氏。

   2011年因欺凌自杀身亡的一位中学生的父亲说:“我们认为正是因为学校没有做好监管,所以才会发生欺凌死”。

 13年9月に施行された同法には「3年後の見直し」を検討する規定があるが、議員の勉強会が動き始めたのは昨年。総務省が同年3月、「学校がいじめの限定解釈をする事例が多い」として、文科省に対して改善するよう勧告したことを受けたものだった。

   13年9月施行的该法案里虽有“3年后商讨重新修订”的规定,但议员的学习会是于去年开始的。总务省于同年3月,以“学校对欺凌进行限定解释的事例太多”为由,对文科省提出了改善的劝告。

4 +1
举报
0 条评论
评论不能为空