日语
双语
汉语

国际媒体批判日本的司法系统| NHK新闻

海外メディア 日本の司法制度を批判的に報道 | NHKニュース
国际媒体批判日本的司法系统| NHK新闻
642字
2019-01-08 14:04
92阅读
国际媒体批判日本的司法系统| NHK新闻

特別背任の容疑で再逮捕された日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の勾留の理由を明らかにする手続きには外国のメディアも注目し、その多くが日本の司法制度を改めて批判的に報じています。

因特别渎职罪嫌疑而再度遭到逮捕的日产汽车原会长卡洛斯·戈恩被捕扣押的相关手续问题引起了外国媒体的关注。多数媒体均对日本司法制度存在的问题做了批判性的报道。

このうち、イギリスの公共放送BBCは、記者が東京地方裁判所前から中継し、ゴーン前会長の出廷時の様子について「以前よりもやせて見え、プラスチックのスリッパをはき、髪の色はグレーになっていた」と伝えました。そのうえで、ゴーン前会長が、去年11月の逮捕以来拘束が続いて家族とも面会できておらず、直接、弁明する機会も与えられていなかったことを批判的に伝え、今回の手続きについては、「ゴーン前会長が、拘束が続いていることに焦点を当てる機会で、逮捕以来、ようやく公の場に出ることができる」とゴーン前会長の発言に注目していました。

其中,英国公共广播公司BBC的记者在东京地方法院门口做了直播。就戈恩原会长出庭时的模样做了评论,“比先前看上去更加消瘦了,穿着塑料拖鞋,头发的颜色也变得有些发灰”。此外,记者无不批判地报道戈恩原会长自从去年11月被捕以来一直处于拘禁状态,不被允许和家人见面。甚至连为自己辩护的权利也没有得到。就这次的手续步骤,戈恩原会长被持续拘禁的情况被媒体获知,借着这个机会,终于能在公开场合露面了。

アメリカの有力紙、ウォール・ストリート・ジャーナルは、「私はぬれぎぬを着せられ、不当に拘束されている」というゴーン前会長の発言を見出しにとり、長期間に及ぶ勾留を改めて批判したうえで、「逮捕されて以来、初めて公の場に姿をみせることになる」として関心を寄せていました。

美国的权威报纸“华尔街日报”将戈恩原会长的发言“我蒙受不白之冤,被非法拘禁”作为标题登出,并批评日本政府应该改善其长期拘禁嫌疑人的不人道制度。除此之外,戈恩原会长的言论“我自被捕以来,这是首次在公开场合现身”的言论也引来了大众的关注。

また、フランスのAFP通信は、「今回の事件によって、明確な逮捕容疑を公にせず勾留の延長を繰り返す日本の司法制度に光が当たることになった」と批判的に報じています。

另外,法新社也带有批判意味地报道称:“通过这次事件,私下逮捕并反复延长扣押时间的日本司法制度是时候该晒晒太阳了。”

1 +1
举报
0 条评论
评论不能为空

Moi的内容