绩效第一的公司怎么样呢?【仅仅20岁左右就年入千万日元】【应届生入社两年就成为课长】
実力主義の会社ってどうなの?「20代で年収1000万円」「新卒2年目で課長」
952字
2020-01-05 13:20
8阅读
火星译客

実力主義の会社と聞くと、厳しい環境で働かざるを得ない状況をイメージする人もいるかもしれない。企業口コミサイト「キャリコネ」にも

当听说基于绩效的公司时,有些人可能会认为自己因此肯定会在艰难的环境中工作。在公司口碑网站“Karikone”上也有这种情况。

「実力主義の会社であるため、年相応の給与額をもらえていない社員も中にはいます。20代が40代の社員の収入を超えることもあります」(代理店営業/20代後半/女性/正社員 /年収500万円)

“由于这是一家以绩效为基础的公司,所以有些员工没有得到与该年相对应的薪水。还有一些员工在20多岁时,他们就有了超过40多岁员工的收入。” (经营代理店/25岁到30岁/女性/全职员工/年收入500万日元)

といった声が寄せられている。シビアな世界に思えるが、その分"実力主義ではない会社"では考えられないような爆発性もあるようだ。

收到了这样的意见。这似乎是一个严峻的世界,但也有“不是绩效第一主义的公司无法想象”这样的爆炸性想法。

「売上を上げた人が課長になるという風土」

这是一种能把商品大卖特卖的人就能成为部门经理的文化。

「中途・新卒の社員全員にチャンスがあり、失敗してもお咎めをもらうような風土ではない。ただ売上のみを重視するものではなく、360度評価で理念の体現化も求められるので、売上至上主義ではない」(企画営業/30代前半/男性/正社員/年収580万円)
「勤務歴や年齢も考慮はしてもらえるが、年功序列というよりは実力主義に近い評価制度。しっかり結果を出せば20代で1000万円の年収を得ている社員もいる」(広報/20代後半/男性/正社員/年収520万円)

“这不是一种所有职业中期的员工和新进毕业生员工都有机会努力奋斗,失败就会受到指责的文化。也不是只专注于销售额,还需要进行360度评估以体现这一理念,所以这并不是销售额至上主义。(计划销售/ 30岁到35岁/男性/全职员工/年收入580万日元) 
“会考虑到您的工作经历和年龄,但是评估系统比基于资历的评估更注重绩效。如果能取得良好的业绩,一些员工在20多岁时的年薪就达到了1000万日元。”(25到30岁/男性/全职员工/年收入520万日元)

実力主義の会社では、年功序列という概念は薄そうだ。売上至上主義については意見が別れたものの、誰でも可能性は十分に広げられるという大きな特徴がみられた。

在绩效至上的公司,对资历的重视比较弱。而对销售额至上主义的公司看法不尽相同,但有一个很大的特点,那就是任何人都可以扩大可能性。

「新卒2年目の課長が誕生しています。実力主義というか、売上を上げた人が課長になるという風土です。基本的に営業の方が出世は早い」(法人営業/30代前半/女性/正社員 /年収600万円)
「新卒と中途に出世や待遇の違いはほとんどない。営業か事務かという『職種』ごとに給与体系の設定があるくらいで、あとは実力主義」(司法書士・行政書士/30代前半/男性/正社員/年収500万円)
「新卒・中途でのキャリアの違いは出にくい会社といえます。むしろ、実力主義の会社ですから新卒の方が少し不利かも。評価、活躍するまでに時間は要すると感じます」(人事/30代後半/男性/正社員/年収400万円)

“应届毕业生入职第二年就上任的部门经理就此诞生。与其说是实力至上,不如说是销售额最高的人才能成为部门经理的这种文化。基本上营业部门的职员升职更快。”(公司销售/ 30岁到35岁/女性/正式员工/年收入600万日元) 
“应届生与职业中期之间在 职业发展或待遇上几乎没有差异。每种“职位”,无论是销售还是办公室工作,都只有薪资制度。其余的都是精英制。”(司法书记员·行政书记员/ 30多岁/男性/普通员工/年收入500万日元) 
“可以说,已入职职员和应届生职员之间的职业差异不大的公司。相反,由于这是一家基于功绩的公司,所以应届生职员可能会有些不利。我认为在能被评估和成功之前需要一些时间。”(人事部门/35岁左右/男性/全职员工/年收入400万日元)

「新卒と中途採用に差がない」という声も多かった。ただ、キャリア面を比べてしまうと、やはり中途採用に分があるだろう。職種別にみると、事務職より、営業関連職の方が実力主義の傾向が強いことがうかがえた。

“应届生与职业中期招聘没有太大差别”这样的看法也很多。但是,比较职业方面的话,果然还是更看重职业中期招聘。把职业分开看的话,比起上班族,销售相关职位更倾向于实力至上的择优录用。

実力主義ではない会社「古い体質で年功序列」「経営陣へのゴマすりがポイント」

一家不是任人唯贤的公司多为“老章程和资历”“向管理团队的唯唯诺诺是关键”

「実力主義ではない。仕事ができる云々は関係ない。何も協力的ではない。年功序列で気に入れられたら、出世は早い」(電気・通信設備施工管理/40代前半/男性/正社員/年収600万円)
「実力主義ではなく、古い体質で年功序列。仕事で成果を出しても給料や昇格に反映されない。大卒の本社採用は幹部候補。高卒の支店採用はよくて係長」(建築・設備関連職/30代後半/男性/正社員/年収850万円)
「根本的に能力や実力主義ではない。いかに経営陣にゴマをすれるかが評価のポイント。飲み会を企画する、定例会には必ず参加する、プロジェクトの立ち上げで頑張っている姿を見せるなど。プロジェクトの結果は関係ないです」(プログラマ/30代前半/男性/正社員/ 年収380万円)

“这不是精英管理。做什么都没关系。没有合作。如果你不讨厌资历评比,你会比别人更早升职。”(电气和通信设备建设管理/ 40多岁/男性/全职雇员/年收入600万日元) 
“这不是任人唯贤,而是旧体制和年龄资历。即使工作得到了成果,也没有反映在薪水和晋升上。大学毕业生在总部的招聘会是高管的候选人。高级毕业生在分公司的聘用好的话会是科长。”(建筑·设备相关职业/30岁左右/正式员工/年收入850万日元) 
“从根本上讲,这不是能力或精英主义。评估的重点是如何向管理团队介绍献殷勤。计划一次酒会,总是参加定期会议,展示您正在为一个项目的努力,结果无关紧要。”(程序员/ 30多岁/男性/全职雇员/年收入380万日元)

一方、実力主義ではない会社は、年功序列のケースが多かった。せっかく仕事で成果を出しても、評価が年齢に左右されてしまうのは悔しそうだ。学歴や上司へのゴマすりがポイントになるという声もあった。

另一方面,在非精英阶层的公司,往往由年龄资历决定的情况更多。令人遗憾的是,即使你完成工作,对你的评分也会被你的年龄所影响。也有人指出,学历和对上司的唯唯诺诺会成为关键因素。

行业 文化
标签
举报
0 条评论
评论不能为空