对于松屋“自创咖喱”过于夸张的“停止出售通知”,批判声蜂拥而至!
松屋「オリジナルカレー」の大袈裟過ぎる“終了告知”に批判殺到!
717字
2019-12-15 12:32
72阅读
火星译客

大手牛丼チェーンの「松屋」が、「オリジナルカレー」の販売を終了し、これまで期間限定で販売していた「創業ビーフカレー」をレギュラー化することを明らかにしたのだが、その発表の方法に批判の声が殺到している。

大型牛肉饭连锁店松屋表明“自创咖喱”将停止出售,而要将至今为止只在一定时间段内出售的“创业牛肉咖喱”作为日常料理推出,但是对于其公布方法批判之声蜂拥而至。

 

 11月27日夜、松屋は公式ツイッターで【大切なお知らせ 大事件】と題して投稿をおこない、「夜分ですが皆様には早めに伝えたくて。松屋から『オリジナルカレー』が消え!?来週日曜日から松屋の『オリジナルカレー』順次全店終売となります」と発表。「#松屋カレーショック#なくなる前に食べておく#食べればわかるさ#松屋のオリジナルカレー」と煽るようにハッシュタグをつけ、オリジナルカレーの終売をアピールした。

11月27日晚,松屋在官方Twitter上发表了以“非常重要的通知 大事件”为题的内容:“虽然已经半夜了,但想尽早告诉各位。松屋的‘自创咖喱’将要消失!?从下周日开始‘自创咖喱’将在所有门店陆续停止出售”。并且还添加了“#松屋咖喱冲击#消失前一定要去吃#尝一口就知道了#松屋的自创咖喱”这样煽动性的的主题标签,来宣传即将停止出售的自创咖喱。

 

「松屋のオリジナルカレーといえば、看板メニューの『牛めし』に次ぐ人気商品だけに、SNSではあっという間に情報が拡散。ツイッターでは『#松屋カレーショック』がトレンド入りするなど大きな話題となり、惜しむコメントが多く上がったんです」(ネットウォッチャー)

“正因为松屋的自创咖喱是在招牌菜单‘牛肉饭’之后非常受欢迎的商品,因此在社交网络(SNS)上信息瞬间就传的到处都是了。Twitter上‘松屋咖喱冲击’等话题引起了众多讨论,很多网友都表达了惋惜之情。”(网络观察员)

 しかし翌28日の朝、松屋は再び公式ツイッターを更新し、「12月3日(火)10時〜松屋『創業ビーフカレー』ついに定番化!!牛バラ肉をとろっとろに煮込んだ創業ビーフカレーは松屋本気カレー!!」と発表。結局はカレーメニューがリニューアルされただけのことだったと明らかになり、ネット上では《炎上マーケティングかよ》《本気で落ち込んだ人がマジかわいそう》《こういうやり方は印象が悪くなるだけ》など、ブーイングの声が噴出したのだ。

但是,28号一早松屋再次更新了官方Twitter,公布了“12月3日(周二)10点开始‘创业牛肉咖喱’终于成为日常料理!!将牛五花肉煮得软烂可口的创业牛肉咖喱才是松屋的代表咖喱!!”结果只是更新了咖喱菜单而已,在网上《根本就是故意让事件影响力扩大的营销手段》《那些真正失落的人真的很可怜》《这种做法只会让形象变差》等嘘声一片。

 

「販売終了の煽り方は新商品を発表するためのものだろうとは思っていましたが、それが単に創業ビーフカレーにリニューアルされただけとなれば、松屋のカレーファンは戸惑うばかり。こうした告知方法をとったのは、商品リニューアルに伴い価格が100円値上げされているからでしょう。松屋では14年に『牛めし』から『プレミアム牛めし』へリニューアルをした際、《実質3割の値上げではないか!》と批判が集まった。そのため、今回はオリジナルカレーが終売することを強くアピールして、値上げはするが、まったく別の商品を発売するということを印象づけたかったのかもしれません」(フードジャーナリスト)

“我认为停止出售的煽动方法是为了公布新产品吧,但如果只是更新了创业牛肉咖喱,只会让喜欢吃松屋咖喱的人不知所措。采取这种通知方法,是因为伴随着产品更新价格也会提高100日元吧。松屋在2014年,从‘牛肉饭’升级成‘高级牛肉饭’时,就收到过《实质不就是涨价30%吗!》的批判。因此,这次重点宣传的是停止出售自创咖喱,虽然也涨价,但可能是想给别人一种和之前不是同一个产品的感觉”。(食品编辑)

 いずれにせよ、こうした手法が利用者の信頼低下につながらないことを祈るばかりだ。

总而言之,现在只能祈祷这种方法不会降低客人对松屋的信任度。

行业 食品
举报
0 条评论
评论不能为空