特朗普弹劾调查、重要人物证言:要求调查政敌是“不恰当的”
トランプ氏弾劾調査、重要人物が証言 政敵の調査依頼は「不適切」
456字
2019-11-20 15:03
58阅读
火星译客

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領のウクライナ疑惑をめぐる弾劾調査で19日、7月の米ウクライナ首脳電話会談を直接聞いていた重要証人のアレクサンダー・ビンドマン(Alexander Vindman)陸軍中佐が公聴会で証言した。ビンドマン氏はトランプ氏の「不適切な」電話会談を指摘することは自身の「務め」だとの立場を維持する一方、共和党からはビンドマン氏の忠誠心を疑問視する声が上がっている。

[AFP=时事]19日,关于乌克兰问题针对美国总统唐纳德·特朗普(Donald Trump)的弹劾调查中,直接听取了7月美国-乌克兰首脑电话会谈的重要证人亚历山大·维德曼(Alexander Vindman)陆军中校在听证会上作出证言。维德曼在维持指出特朗普“不恰当的”电话会谈是自己的“责任”的立场的同时,该言论遭到了共和党的强烈质疑,同时,共和党也怀疑宾德曼的忠诚。

ホワイトハウス(White House)の国家安全保障会議(NSC)でウクライナ問題を担当するビンドマン氏は、弾劾調査の核心となる7月25日の米ウクライナ電話会談を傍聴していた。

维德曼作为乌克兰问题负责人,在白宫(White House)的国家安全保障会议(NSC)上旁听了7月25日美国-乌克兰电话会谈,这也是弹劾调查的核心。

2週目に突入した下院情報特別委員会(House Intelligence Committee)の公聴会でビンドマン氏は、トランプ氏が2020年大統領選の民主党最有力候補であるジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領の調査を行うようウクライナに求めたことを懸念して、「義務感から」NSCの法律顧問に報告したと証言した。

在进入第二周的众议院信息特别委员会(House Intelligence Committee)的听证会上,维德曼提出担心特朗普要求乌克兰对2020年总统选举民主党最有力候选人前副总统乔·拜登(Joe Biden)展开调查,出于义务感而向NSC的法律顾问报告并提出证言。

民主党は弾劾調査で、トランプ氏が軍事支援とホワイトハウスで開かれたウクライナ関連の会合を利用して、ウクライナの調査協力を引き出そうとしたという職権乱用の有無を立証することを目指している。

民主党在弹劾调查中,旨在利用特朗普采取的军事支援和白宫召开的与乌克兰相关的会议,来查证特朗普是否存在滥用职权要求乌克兰协助调查的行为。

7月の電話会談は弾劾調査の最重要事項であり、米国民はようやく、会談内容を直接聞いた高官らの証言をテレビ中継で聞く機会に恵まれた。

7月的电话会谈是弹劾调查的首要事项,美国国民终于有了通过电视直播听取会谈内容的高官们的证言的机会。

ビンドマン氏は公聴会で、「米大統領が外国政府に米国民かつ政敵の調査を要求することは不適切だ」と述べ、「これが周知の事実となれば深刻な影響をもたらし、党派的な行為と受け止められるだろう」と語った。

维德曼在听证会上说,“作为美国总统,要求国外政府调查美国公民与政治对手是不恰当的,”他说,“如果这是众所周知的事实的话,会带来严重的影响,这将被视为党派的行为进行处理”。

举报
0 条评论
评论不能为空