因心理不适而离职的人,其叹息:“因为抑郁症22点下班了,却被斥责为‘不能做其他员工的表率’” 
メンタル不調で離職した人の嘆き 「うつ病で22時に退社していたが"他の社員に示しがつかない"と叱責」
965字
2019-12-03 16:31
67阅读
火星译客

精神障害の労災補償は年々増えている。しかし、2018年の請求件数1820件に対し、支給決定件数は465件となっている。しかし、労災認定されなくてもメンタルを病んだことが原因で退職する人も少なくはない。

新闻资讯

精神障碍的工伤补偿逐年增加。但是,对于2018年的请求件数1820件,支付决定件数为465件。但是,即使不被认定为工伤,也有不少人是因为心理疾病而辞职。

キャリコネニュース読者の50代技術職の男性からも、

《新闻资讯》的读者,一位50多岁技术职位的男性,

「無能扱いで毎日『辞めろ』などと責められて、最後はうつの手前まできた」

“被当作无能对待,每天被责备‘辞职’之类的话,最后甚至到了抑郁的时候。”

といった声が寄せられた。今回はキャリコネニュース読者から寄せられた、うつ病をきっかけに会社を辞めた人の体験談を紹介する。

这样的声音被传来了。这次将介绍由《新闻资讯》读者提供的,以抑郁症为契机而辞职者的体验。

「『お前は仕事ができない』とレッテルを貼られて、少しでも意見すると人格否定」

“被贴上‘你不能工作’的标签,稍微提点意见就否定你的人格。”

行业 医学
标签
举报
0 条评论
评论不能为空