冬之海 第二章 一次离别
冬の海 第二章 一つの別れ
5494字
2019-01-04 06:10
100阅读
火星译客

幸せな瞬間、それは人によって違うだろうけど、長尾麗美にとってこの四年間、週末には恋人の大和弘明のマンションにいって手料理を作り一緒に食べ過ごす事だった。人生の凡てがそれを軸に動いていると思うほど、麗美に満足を与え当然、未来の幸せな新婚生活に繋がっていくと固く信じていた。今日もスーパーに寄り食材を買い込んでいると店頭の特別コーナーにチョコレートの花が咲いていた。

不同人对于幸福的瞬间有着不同的理解,但是对于长尾丽美来说,幸福的瞬间是这四年间周末去恋人大和弘明的公寓亲手做菜一起吃饭的时光。丽美觉得她的整个人生都以其为轴心而运转着,这给了她满足感,也让她深深相信这样的幸福会延续到未来的新婚生活中去。今天她也顺道去了超市,买了好多的食材。超市门口那个特别角落有一朵巧克力做的花盛开着。

沢山の女性達がワクワクした顔で、迷い惹き付けられチョコレートを選んでいる姿やレジの行列を眺め、いくつの恋が始まるのだろうと麗美は思っていた。麗美自身も悩んで悩んで買ったチョコレートとプレゼントを紙袋に持ち、この日を利用して弘明にお願いがあった。麗美がドキドキの中、いつもより気合を入れてお酒落し成功を願うのも、長く付き合えば色々な不安が生じて心に出来る暗い影とコンプレックスからくる脅えを、今日は完全に取り除きたかった。そして、青空のような二人の将来をスタートさせたかった。

丽美远远地看到许多被巧克力花所吸引排着队争相购买的女顾客,他们脸上写满了期待。她在想这花说不定又能促成几对姻缘吧。丽美她自己也处于苦恼之中。她在苦恼的情绪下买下了巧克力和礼物,把它们用纸袋装好拿着,准备在今天送给弘明,并借机拜托他一些事情。丽美心里小鹿乱撞,拿出了超出平时的勇气,把自己打扮得漂漂亮亮的,祈祷着能成功。和弘明的长期恋爱所产生的不安感以及内心的阴影和自卑所带来的恐惧,她想在今天全部将它们铲除干净。之后,她期望着自己和弘明的未来能像蓝天白云那般美好。

外に出ると厚い雲からパラパラ雨が降っていた。麗美は、昨日の晴れと伝える予報に弾みを貰っていただけに、少し削がれたようなじめっとした気分にさせられた。

走出超市,雨从厚厚的云层中淅淅沥沥地下着。丽美昨天看到天气预报播报今天天气晴朗而兴致满满,现在却让这阴湿的天气搞得有点扫兴。

「厭な感じ・・・駄目駄目!これは恵みの雨、ちゃんと傘だってあるんだから・・・備えあれば憂い無し!大丈夫、万全!」

“感觉好讨厌... 不对不对!这雨来得正是时候,而且我正好也带了伞... 有备无患!没事的,万事俱备!”

麗美は、自分に言い聞かすように呟くと、一杯の荷物に傘をさして歩き出した。

丽美自言自语地这么嘟囔着,从买到的东西中拿出伞打开,向前走去。

その後ろ姿は、ファイトに溢れていた。だが、七階建てのマンションに着いた頃には、雨に塞がれた片手のせいで持ち難い荷物の重みが麗美をヘロヘロにしていた。必死で大和弘明と表札のある前まで行き鍵をあけ玄関に入った。崩れるように床へ買ってきた物を置きホッと一息付く麗美は、ふっと右手横に吊ってある姿見に映った自分を知り、ガックリした。

从背面看她,真能看出一种不服输的斗志在。但是到了弘明那七层楼的公寓楼前,因为一只手要拿着雨伞,所以另一只手提着这么多的东西,把丽美弄得有些快有气无力了。丽美拼着命走到了印有大和弘明的门牌前,打开房门进入了玄关。用最后一点力气,把买来的东西朝地上一放,丽美喘了口气,忽然看到右手边横挂着的穿衣镜中自己的样子,怅然若失。

折角決めた髪形や服がグシャとなり、化粧も雨と汗でテカッていた。自然に服を伸ばし髪も梳かす麗美の手が、頬の辺りで止まった。

特意烫好的发型以及为了见恋人而搭配好的衣服被这么一折腾,搞得自己像个**似的,化的妆也都毁了。丽美用手把衣服向下拉了拉,把头发也捋了捋,捋到脸颊的附近,她的手停了下来。 

「この鰓の張りが高い鼻に変身しないかしら・・・顔も小振りに・・・」

“腮帮子这么大也没让我有个高鼻梁... 脸也小点就好了...”

麗美は憎たらしい表情を自分に向けると、溜め息を漏らした。

丽美带着自我憎恶的表情看向镜中的自己,发出了一声叹息。

カッコ良くハンサムな弘明はセンスもあり女性社員の憧れの的、麗美にとって自慢な反面、劣等感の種でもあった。だから常に鏡と睨めっこして可愛く見える角度や髪型、服装を研究して、弘明に相応しい恋人となりたかった。でも、現実は遠く努力する徒労の日々だった。

弘明长相帅气,也有品味,是女性公司职员所憧憬的类型。对于丽美来说,这值得骄傲,但同时让她产生一种自卑感。所以,她经常盯着镜中的自己,研究从哪一个角度,以及梳什么发型穿什么衣服看起来会可爱,她很想成为和弘明般配的恋人。但是现实却让她的努力徒劳无功。

「料理作った後、無駄な抵抗するぞ!」

“做完料理之后,再去做一次徒劳的抵抗吧!”

めげない麗美は、買ってきた物を持って中へ入っていた。

丽美带着不服输的表情,拿着买来的东西朝着里间走去。

部屋は、十二畳位のワンルームで玄関側に台所があり、近くに食事用の二人掛けテーブル、奥壁際にダブルベッド、斜め前辺りがベランダになっていた。そして、真ん中の空間をソファーとガラスのテーブルが埋めていて、そこから見易い位置にテレビ、横にステレオがある快適な暮らしと理想を二人で追求したお城になっていた。だから、弘明は大切な王子様であり、麗美にとって何者にもかえがたい世界だった。麗美は早速、鞄からエプロンを出しつけると、冷蔵庫に今いらない物をしまい、隣の棚に並んでいるワインを一本選び冷やした。そして、慣れた手付きで料理にかかる横顔は幸せ一杯だった。

里面是一间16平方米左右(12榻榻米大)的一室户。玄关那一侧有厨房,近处是一张供两人吃饭用的餐桌,最里面的墙角处放着一张双人床,差不多斜前方处则是阳台。正中的空间则放着沙发和玻璃做的桌子。电视机放在桌子的显眼处,音响横向地摆着。这俨然就成了两人追求快乐理想生活的独立王国了。其中,弘明是这个王国的王子,是对于丽美来说其他人难以替代的存在。丽美立马从包里拿出围裙,整理了冰箱里不需要的东西,她从旁边并排摆着葡萄酒的架子上,选了一瓶酒放入冰箱。之后,丽美用习惯了的手法做着料理,侧脸洋溢着幸福之色。

窓から見える景色が夜の闇に染まる頃、麗美は洗面所で必死に化粧と髪型を直していた。

窗外夜色弥漫,丽美在化妆间努力地补着妆,调整着自己的发型。

「うん、こんなものかしら・・・」

“嗯,这样应该差不多了...”

鏡に自分を映し納得しているとインターホンが鳴り、麗美はハッとときめき玄関に小走で向かった。

正对自己镜中的模样感到满意的时候,内线电话响了。丽美心砰砰跳着小跑向门口。

「おかえりなさい。早かったわね」

“回来啦,今天很早的嘛”

麗美は扉をあけ笑顔で出迎えた。

丽美打开房门,笑着迎了上去。

「ああ・・・」

“啊...”

弘明がだるそうに入っていくのを、麗美はついていった。

弘明略带倦意地走了进去,丽美跟在他身后。

弘明は、食事用テーブルに並ぶ御馳走を鬱陶しそうな顔で眺め、どっかりとソファーに座った。麗美は料理やグラス、小皿を弘明の前のテーブルに運びながら、

弘明看向了餐桌上摆放着的饭菜,略带着阴郁的表情。他扑通一声坐在了沙发上。丽美一边把饭菜,玻璃杯和小碟子搬到弘明面前的玻璃桌前,一边说,

「営業って大変よね。急に土曜や日曜も仕事になるし、時間は不規則だし、デートの邪魔もしょっちゅうだし!・・・その点、私の部署は完全週休二日制なのに・・・でも逆じゃないから、こうして食事を作って待ってられるんだけど・・・今日は奮発しちゃった。バレンタインデーだし・・・それに・・・」

“工作很辛苦吧,你突然双休日也有了任务,时间上也没规律了,总是会妨碍我们约会... 按我想的是周末双休的...不过嘛也不是完全相反,我还可以做完饭等你回家... 今天我买了好多东西,又是情人节,还有...”

弘明がうるさそうに聞いているのを、麗美はお願い事を切り出すタイミングに神経が集中し気付かずにいた。だが余計緊張して、怖じ気づきそうな麗美は、少し離れた弘明の後側から思い切って言った。

丽美光把精力集中到了说出这些话的时机上了,并没有注意到弘明那略带烦躁的表情。然而丽美过于紧张,脸上写满了胆怯的表情。她望着离她有一些距离的恋人的后背大胆地说道。

「あのね・・・そろそろ私達も付き合って四年でしょ・・・母も心配してるし・・・両親にあってほしいの!・・・」

“那个... 我们俩一起交往也快四年了吧... 我妈妈也有些急了... 我觉得是时候见见家长了吧!”

「僕も、そろそろと考えていたんだ」

“我最近也一直在考虑这个。”

麗美は嬉しそうな顔で弘明の近くにいき、腕をもって「本当に!」

丽美面露喜色走近弘明,拉着他的手腕说道,“真的呀!”

「ああ・・・近頃、マンネリ化してきたし、いい潮時だよ。すっぱり別れよ!」

“啊... 最近,我们每天在一起的生活变得无趣而只是一成不变地重复,想必彼此都厌倦了。再这样下去也没有意义,还是干脆分开吧!”

「・・・えっ・・・」

“...诶...”

麗美は茫然と弘明を見詰めた。不安が現実になった瞬間だった。

丽美茫然地盯着弘明看。就在那个瞬间,长久的不安变成了现实。

「いつ切り出そうか困ってたんだ。良かったよ、きっかけが出来て!・・・」

“我也在为什么时候提分手困惑着呢。现在好了,机会出现了!...”

弘明の淡々とした言葉にじわっと涙を浮かべた麗美は、感情も溢れ出した。

听到弘明淡淡地说着,眼泪慢慢地浸湿了丽美的眼眶,她的感情也外溢了出来。

「いやよ!どうして!?」

“不要!为什么要分手!?”

「ほかに好きな人が出来たんだ。僕が捜し求めていた理想の相手さ!」

“我有别的喜欢的人了。我找到理想的人了。”

「・・・誰?・・・」

“... 谁呢?...”

「清水有香さん」

“清水有香。”

「・・・やっぱり・・・社長令嬢と・・・」

“... 果然是... 和社长的女儿...”

その噂は同僚の口から耳に入ってたが、弘明を信じようとする麗美の心が否定し続けていた。聞けば何もかもが崩れてしまいそうで確かめる勇気もなかった麗美は、突き付けられた破局に俯き、ただ泣いた。

丽美从同事的口中对这个传言早有耳闻,但是她心中仍然选择相信弘明而不断否认传言的真实性。如果问他,一切都可能崩溃瓦解,丽美没有去证实的勇气。面对眼前这样的结局,她垂下了头,只是哭泣。

「知ってたんだろ。なら、そんなに取り乱すなよ!・・・ごめん。でも、結婚すれば僕の将来は保障されたようなものだ!・・・あくせく働かなくても贅沢が思いのまま。これから、本当の意味で二倍楽しめるんだ」

“你早应该料到了结局是这样吧。这样的话,就不该为此这般心慌意乱了啊... 不好意思。但是如果结婚的话,我希望自己的未来能有保障!... 即使不辛苦工作,也能过想要的高品质的生活。所以,这就意味着我是要追求两倍于现在的享乐生活的。”

麗美はボロボロ涙を流しながら、弘明を真っ直ぐ見て叫んだ。

在丽美眼泪簌簌而下的同时,直视着弘明,情绪激动地说。

「私はあなたを愛しているの!!」

“我还爱着你啊!!”

弘明は動揺し顔を背けた。

弘明内心有点动摇了,将脸转过去背对着她。

「青臭い事を言うなよ・・・愛で腹は一杯にならねえよ!」

“拜托不要再说幼稚的话了... 你根本就没有完全地爱着我!”

「なるわ!!」

“不,我是完全地爱着你的!!”

弘明は、麗美の純粋な想いに苛立ち睨んだ。

弘明因为眼前丽美纯粹的想法感到焦躁起来,蹬着眼注视着她。

「愛にどんな力がある?そんなもの弱者の言い訳だ!俺は強くなりたいんだ!こんな生活、反吐が出るよ!!」

“你有着多大的力量如此执着于爱?这只是你作为一个弱者的托词罢了!我想变得强大!这种生活我再也不想过了!!”

「・・・分かった・・・さようなら・・・」

“... 明白了... 那再见吧...”

フラフラ出て行く麗美を見送る弘明に迷いがよぎっていた。

弘明看着丽美摇晃地走出公寓,心中一片迷惑。

暫くして、違う風を連れて清水有香が入ってきた。有香は赤いワンピースを着た、ストレートの長い髪が似合う目鼻だちのはっきりした美人だった。会社では美男美女のカップル誕生と噂が流れていた。今、それが事実になり、イライラが収まらない弘明に対して、有香は勝ち誇った笑みを浮かべ部屋の中を眺めていた。

没过多久,又来了一位客人,也就是清水有香走进了弘明的公寓。有香穿着红色的连衣裙,直直的长发搭配着精致的五官,真是一个不折不扣的美女。在公司里流传着这对俊男靓女要永结同心的流言。今天,流言已成事实。相对于弘明还未完全摆脱焦躁情绪的控制,有香仿佛获胜一样,得意洋洋地笑着望着房间。

「協力に来たんだけど、すんなりいったみたいね。マンションの前で長尾さんを見掛けたわ!ボーッとして全然私に気付いてなかったけど・・・とにかく良かったわ」

“按计划我是来你这边帮你完成任务的,但是感觉事情进行得很顺利啊。我在公寓楼前看到了长尾小姐!她神色恍惚,完全没有注意到我的存在... 总之任务完成得不错。”

「ああ・・・」

“啊...”

自分達を非難する不機嫌な声が、有香の視線を弘明の所で止めた。

这一声听上去不怎么高兴,有一种要自我责备的感觉。有香的视线在弘明的身上停了下来。

「どうして、怖い顔してるの?」

“怎么了?怎么脸色这么难看?”

有香は、弘明を不思議そうに見詰めた。

有香带着不可思议的眼神注视着弘明。

弘明は質問に答えず、有香にあたるように腕を取り引き寄せた。有香はそれをかわし、

弘明没有回答,他把有香的手腕拉到自己这边。有香握住弘明的手,十指相扣,

「ここじゃイヤよ!彼女の臭いがする所でなんてやめて!・・・ホテル予約してあるの、行きましょ」

“不要在这里嘛!不要在那个女人的气味污染过的地方!... 我们去找个旅馆,去吧去吧。”

「・・・君は罪悪感がないのか!?」

“... 你就没有半点罪恶感吗?...”

「何故?・・・私はあなたを好きになっただけよ。選んだのは弘明じゃない!・・・それに、恋愛に心変わりはつきものよ。仕方のない事だわ!・・・嬉しくないの?」

“为什么这么说?... 我只是喜欢你才这么说的。做选择的难道不是你自己吗!... 再说了,恋爱中变心是不可避免的事情。是没有办法的事情啊!... 你不高兴呀?”

「いや!・・・ただ・・・」

“没有!... 只是...”

涙を流す麗美の顔が頭から離れず弘明を優柔不断にしていた。

脸庞流着泪的丽美的样子在弘明的头脑里不断闪现,他开始有些犹豫起来了。

「やっぱり、長尾さんの所に帰る!?」

“你是不是还是要回长尾小姐那里去了?”

きつい口調で迫る有香の美しさが目に入り、ハッと我に返った。

有香带着苛刻的语调,强迫着弘明做最后抉择,看着眼前的美人,弘明瞬时做回了自己。

「まさか違うよ!僕は君のもの。いつまでも一緒さ!」

“绝对没有那个意思哦!我是你的。我们要永远在一起!”

有香は安心したように笑顔を見せた。

有香听了后,露出了安心的微笑。

「いこ!」

“一起去宾馆吧!”

「うん!」

“好的!”

弘明は有香の手を取り、二人で仲良く部屋を出て行った。後には、無駄になった御馳走だけが残っていた。

弘明拉着有香的手,两个人亲密地离开了公寓。他们背后是丽美先前做的丰盛佳饶。

曇る空の下、車も少なくなった夜の道路を弘明が運転し、助手席に有香を乗せた赤いスポーツカーが軽快に走っていた。弘明はスポーツカーに魅了されながら、飛ばす気分は爽快で、先まで迷い悩んでいた事や過去が流れる景色と共に消え去り、新しい世界が自分を待っているように思えた。そして、これから有香と描く未来に弘明は、シャンデリアのような豪華に輝く楽しい生活を期待していた。

阴沉的天空下,弘明驾驶着红色跑车穿梭于夜幕中,道路上汽车稀少。有香坐在副驾驶的座位上。弘明心醉于跑车的性能的同时,跑车的那种风驰电掣也带给他爽快的感觉。先前迷惑烦恼的事情和过往随着窗外流转的街景一起消失不见了。弘明看见一个全新的世界正在等着自己。弘明期待着今后将与有香一起描绘的未来,那种如同豪华吊灯一般灿烂的快乐生活。

「どう、乗り心地いいでしょ!」

“感觉怎么样?坐在这车里的感觉很棒吧!”

「ああ、最高だよ」

“啊,是啊,感觉很棒。”

「お父様におねだりしちゃった!・・・ねぇ、明日、この車で遠出しない?」

“这辆车是我求着你父亲给我的!... 那明天坐着这车去远行怎么样?”

「いいね」

“好啊。”

弘明と有香は笑顔になり、どこまでも続く幸せを確信した。

两个人都笑了,他们确信幸福会一直到永远。

アツアツの車内とは真逆に、外の寒さが骨身に染みるような冷々とした中を麗美は、放心状態で歩いていた。横を走る車の音も邪魔そうにベルを鳴らし追い抜いていく自転車も、街のネオンやいきかう人々も、麗美には見えず聞こえなかった。ただ、どんより続く歪んだ暗い道をまるで、尻尾を噛もうとくるくる回る犬のように、もう掴まえる事の出来ない幸せを求めてさ迷っていた。だが突然、麗美の足が疲労と小石に縺れ転んだ。痛みも受けつけず動く気力すらなくした虚ろな目は、歩道橋の下を走る電車に留まった。柵を持ち闇と光が交差する穴にぼんやり浮かぶ弘明の優しい笑顔を見詰めていると、アップからロングに変身しタキシード姿となって麗美を呼んだ。麗美は差し出された弘明の手を取りたくて立ち上がり飛び込もうとした。

和两人在车里调情完全相反的是,丽美茫然若失地走在外面的寒风中,寒冷沁入骨髓。不论对于横向开来的汽车的喇叭声,还是看到有人挡路而按着车铃继续前行的自行车,抑或是街道上的霓虹灯或是来来往往的行人,丽美统统置若罔闻。丽美就像是滴溜溜来回绕圈想咬到自己尾巴的狗一样,寻求着不可能得到的幸福。她已经完全迷失了方向,彷徨于愈发昏暗扭曲的黑暗之路上。突然间,丽美的脚因为太过于疲劳的缘故,踢到了地上的小石子摔倒在地上。她已经感受不到痛苦,眼神呆滞定格在了穿梭于天桥之下的电车上,连眨一眨眼的力气也没有了。丽美手握着栅栏,光影交错的缝隙中模模糊糊地浮现出弘明的笑脸,她盯着这张笑脸。这时,弘明的身影从高处变得长长的,身穿着晚礼服叫着丽美的名字。丽美想要握住弘明伸出的手,她站了起来,准备一跃而下。

「麗美?・・・麗美なの!?」

“丽美?... 是丽美吗?”

麗美の心に映った幻覚がパッと消え、気が逸れたみたいに声の方を向くと、母、長尾節子がいた。

丽美心中出现的幻觉忽然消失不见了,她转而望向声音的方向,她的母亲长尾节子在那儿。

「・・・お母さん・・・」

“... 妈妈...”

傷心した表情で眺める麗美に、節子は状況を悟り引き寄せた。

丽美带着伤心的表情远远望着她的母亲。看着朝向自己的丽美一脸悲伤,节子似乎察觉到什么,叫丽美走过来。

「何をしているの!?」

“你在干什么呢?”

「何もしてないよ・・・」

“我什么也没干...”

「どうしたの!?今日は彼の所に泊まるんじゃなかったの!?」

“怎么了?今天怎么没有住在他那里?”

「へぇ、ふられちゃった・・・ブスは駄目だね・・・どんなに頑張っても勝てない・・・どうして美人に生んでくれなかったの!?」

“我被他甩了... 长得丑太糟糕了... 不管怎么努力都成功不了... 为什么老天不让我漂亮些呢!?”

流れる涙が語る麗美の無念さを節子は感じ言葉に詰まった。そして節子の脳裏には、今朝将来に向けやっと決意した眼差しや真っ直ぐな愛で想い続けた四年間、沢山の料理を覚えようと努力する姿、彼との結婚を夢見る笑顔が駆け巡り、麗美のショックを考えると遣り切れない衝動にかられ抱き締めた。

丽美流着泪,诉说着自己的遭遇。节子听出了丽美语气中的懊悔,话一下子噎住了。节子的脑中想到了今天早晨为着未来而努力的丽美的坚决的眼神,想到了丽美始终不渝地持续了四年之久的爱,以及为了记住许多的料理做法而努力学习的丽美的身姿,想到了梦见了和他结婚的场景时丽美洋溢着的笑容,再想到丽美分手时候的震惊,节子在内心压抑不住的冲动的驱使下,紧紧地抱住了丽美。

「麗美!・・・」

“丽美!...”

「お母さん!・・・」

“妈妈!...”

労る節子の気持ちが伝わり、麗美はこらえきれず泣きじゃくった。

丽美感受到了节子对她的关爱之情,禁不住泣不成声。

いつの間にか、節子に身を任せたまま歩いている茫然とした麗美の頬に、無意識な涙が光っていた。家に着くと座り込んだ麗美の部屋は、同じ柄の手作りカーテンと火燵布団、縫いぐるみや毛糸で編ん人形などで飾られ、小さな鏡台もその一部に同化している綺麗に整頓されたかわいらしい感じのする室内だった。麗美は頭の中に立ち込める深い霧でどんより澱んでいた。そこへ節子がお盆にホットミルクを載せ入ってきた。

不知不觉间,丽美把自己交付给母亲只是茫然地走着。不知何时她恍惚的脸颊上已是满脸泪光。到了家,丽美一屁/股坐到自己的房间。在丽美的房间里,摆放着同款的手工制作的窗帘和配有被炉的被子,以及毛绒玩具和用毛线编织的人偶。一个小型的梳妆台也融入了这整理得漂漂亮亮的给人感觉小巧玲珑的房间布局中。丽美感觉头脑中被雾霾笼罩着,那阴沉的感觉积郁在脑中,使得思维也停滞了。不远处,节子把热牛奶放在了托盘中。

「どう?落ち着いた?」

“感觉怎么样?轻松些了吗?”

節子は火燵にミルクを置きながら麗美に話し掛けるが、反応せずただ、空気を眺める姿に強く聞いた。

节子一边把牛奶放在被炉上,一边和丽美说着话。丽美没有回答,只是两眼望着空气,疲倦地听着。

「大丈夫!?・・・」

“没事吧!?...”

麗美は今目覚めた子供のように、寝惚けた声で答えた。

丽美像个刚睡醒的孩童一般,迷迷糊糊地回答道。

「あっ・・・お母さん・・・」

“啊... 妈妈....”

節子はどんな言葉なら麗美に届くのか、癒せるのか、歯痒い気持ちで見ている視線に、辛うじて気付き、

节子不知道说什么才能让丽美听见,才能让丽美摆脱痛苦。她视线中带着有些不耐烦的情绪,好不容易才发觉,

「大丈夫だよ・・・一人にして・・・」

“没事的啦... 让我一个人待着吧...”

「そう・・・麗美、やけを起こさないでね」

“好... 丽美,你别再做些自暴自弃的事情啊。”

麗美は微かに頷いた。仕方なく節子は、後ろ髪を引かれる思いで出て行った。ふっと、ミルクの横にあるローン会社からの督促状が目に入った麗美は、自分自身を嘲った。

丽美微微点了点头。一筹莫展的节子带着依依不舍的心情出去了。忽然,丽美看到了牛奶旁边的贷款公司的催款信,自嘲着说道。

「私に残ったものは借金だけね・・・」

“留给我的东西只有债了...”

夢の城を作る為に無理をし、弘明に相応しい女性になりたくて背伸びをし得たものが借金と惨めな結末だと悟り、麗美の心は虚しさで一杯のまま、朝を迎えた。外が白々と明るくなる頃、節子は麗美の部屋を見にきた。夜中に心配で何度か覗きにいくと、まんじりともしないでじっと座っている壊れそうな麗美の姿に、無償の愛で蘇生を願う節子も、疲れに負け茶の間で少しうとうととしてしまった事を後悔した。部屋に麗美はおらず、火燵の上に冷めたミルクのコップで押さえた一枚の便箋が置いてあった。

不顾一切地为了建造梦中的城堡,自以为是地幻想着成为配得上弘明的女人,逞强的结果留给自己的只有债和悲惨的结局。丽美领悟到这些,心中被空虚填满,迎接着来日的早晨。等待着天亮到了外面白得透亮了的时候,节子去丽美的房间看她。在夜里因为担心丽美几次要去看一看丽美,想着丽美彻夜未眠一动不动坐着的样子,在节子内心涌现出无私的爱,想要去唤醒房中的丽美。但是节子后悔自己因为实在是太累了,竟然在厨房隔壁的餐室迷迷糊糊睡着了。房间里并没有丽美的身影,被炉上面放着一张信笺,用牛奶杯压着,杯中的牛奶早已冷却了。

「麗美!・・・」

“丽美!...”

直ぐ様、書き置きを見付け手に取ると、節子の目が読んでいった。

节子立刻看到了纸条,拿在了手上,读了起来。

「お母さん、ごめんなさい・・・ちょっと旅に出てきます。我儘な悪い娘でした。おまけに借金まで作っちゃいました。本当にごめんなさい・・・行ってきます」

“妈妈,对不起... 我想要去旅行一段时间。我是一个任性的坏女儿。另外,我甚至还借了债。非常抱歉... 我走了。”

その目から涙が流れ、節子は力が抜けたように座り込んだ。

眼泪从节子的眼眶中流出,她无力地坐了下来。

同じ時刻の早朝、迷路に嵌まり悩んでいる真沙香は、眠れずいきなり起き上がった。

同一个早晨,真沙香深陷于内心的迷宫中,对此烦恼不已。她睡不着干脆爬了起来。

「忘れ物でも思い出したのか?」

“是不是记起什么忘带的东西了?”

玄太はさりげなく真沙香のプレッシャーをほぐそうと話し掛けた。

玄太不经意地和真沙香说,想着缓解一下她的压力。

「ううん・・・ねぇ玄太、今度の旅行で出会えるかな・・・卒業制作の**に・・・」

“没... 那个,玄太,这次的旅行真的能有用吗?... 能拍出毕业设计的照片吗...”

「駄目でも試してみる価値はあるぞ」

“就算是不行,也有尝试一下的必要嘛。”

「あるかな?・・・」

“真的有?...”

「ある!経験に決して無駄はない!・・・今の自分自身をもっと信じるんじゃあ」

“有啊!对经验的增长绝对是有意义的!... 你要更加相信现在的自己才对。”

「でも、私、本当に変わった?内面はそのままのような気がする。だって、夢も希望も見えないんだよ!」

“但是,我真的变了吗?我还是觉得自己的内在就像原先一样。看不见梦想,也没有希望!”

真沙香が強い眼差しを向けた玄太の表情は、穏やかで優しかった。真沙香は驚き俯くと、拗ねたように続けた。

真沙香目光执拗,玄太却平静而温和地看着她。真沙香感到奇怪,随即低下头,继续固执己见地说道。

「見えるものは、不平等な世の中と現実だけ・・・おかしいよ!」

“看到的只是这个不平等的世界以及现实而已... 真奇怪呢!”

「平等、不平等か・・・それは誰が決めるんじゃ?・・・不思議じゃろ」

“平等或者不平等... 这是谁能决定的嘛?... 不可思议吧。”

「全然・・・私の質問!・・・」

“这和我的提问完全就...”

「答えとるじゃろ」

“我已经回答好了啊。”

「どこが!?」

“哪里回答好啦!?”

「少なからず求めている心はそこにある」

“就是你一直寻找的心没有变。”

真沙香はますます混乱し、複雑な顔になった。結局、癒しにならず謎を増やす事になったが、冬の海で起こる愛憎劇が、真沙香に理屈ではない実感する答えを与え成長させると、玄太だけが知っていた。

真沙香内心愈发感到混乱,露出了复杂的表情。结果,玄太并没有让真沙香好过一些,相反她内心的谜团越来越多了。只有玄太知道,这将要发生在冬天的大海上的爱憎剧并非仅仅停留在讲道理的层面,而是会让她身临其境得到答案,让她成长。

行业 其他
举报
0 条评论
评论不能为空